<導入事例>企業の福利厚生アウトソーシング事務局内で
チャットボットを活用

<導入事例>企業の福利厚生アウトソーシング事務局内で
チャットボットを活用

図書印刷が、問合せ対応手順共有ツールとしてAIチャットボットサービス『LogicalMind TALK』を導入

株式会社マインドシフト(本社:東京都中央区、代表取締役:谷水 裕彦)は、当社が提供するAIチャットボットサービス『LogicalMind TALK』を図書印刷株式会社(本社:東京都北区、代表取締役社長:川田 和照)が導入したことをお知らせします。

図書印刷株式会社は、サービスの一つとして、カレンダー制作を提供しております。カレンダーは、企業やブランドの広報・販促媒体の中でも実用性が高く、日常的に使用してもらえるツールであり、1年間にわたって使用していただくことから、長期的にメッセージやイメージを浸透させることができます。図書印刷は、カレンダーづくりの豊富な実績と確かな制作体制に基づき、お客様の “想い”を的確に伝えるカレンダー制作を支援しています。企業の福利厚生サービスとして、カレンダーの提供を、申し込みサイト提供から、問合せ窓口を担う業務などもあり、お客様の利便性を向上するため、AIチャットボットサービスを利用し、利便性及び、効率性向上を目的に実施いたします。

■導入前の課題

  • 「よくある問合せ」の担当者による対応は、利用者、担当者の双方にとって、非効率。
  • 問合せの知見を効率よく利用できておらず、ノウハウが共有されていなかった。

そこで、図書印刷では蓄積していた問合せ履歴からQ&AをLogicalMind TALKでチャットボットの知識データとして利用し、問合せ対応者へ対応手順や応答内容を共有するツールとして導入しました。これにより、知識共有の効率化を実現しました。また、従来のチャットボットのようにシナリオを作成する必要がなく、Q&Aのエクセルデータのみで簡単に利用開始ができるので、システム担当者の導入業務、データメンテナンス業務の負担が少なくて済むことも多忙な事務局業務ではメリットになりました。

弊社のチャットボットを導入し、図書印刷では今後も引き続き事務局運営業務の効率化を行っていきます。

【図書印刷について】https://www.tosho.co.jp/

お客様の目的を達成するために、プロモーション施策の企画立案から事務局運営までトータルサポートを行っております。また、同社と取引がある企業とのタイアップにより、オリジナリティの高い企画の提案が強みです。また、ECサイトの構築・運営から各種BPO(Business Process Outsourcing)業務、保管・発送などの物流業務まで、業務効率化の支援も行っております。

【LogicalMind TALKについて】https://www.logicalmind.jp/

弊社のチャットボットは、これまでの問合せ記録や質問と回答(FAQ)があれば 簡単に始めることができる機能を持っているため、質問から回答へたどり着くためのシナリオを作成する必要がありません。利用者の傾向を学習しながら質問に対する回答の重み付けを行う機能とキーワードや質問候補の追加を推薦する機能があるため面倒な運用も必要ありません。質問の文章や含まれているキーワードを元にこれまでの利用傾向から分析し、登録されたFAQの中から適切な回答を推薦します。「LogicalMind TALK」は分析機能 が利用傾向から質問に最適な回答を推薦するので、FAQのメンテナンスにかかる労力が削減可能です。

【お問い合わせ】
株式会社マインドシフト
AIソリューション事業部 営業部
E-mail:info@logicalmind.jp